煎豆屋通信

「ブラジル」ニュークロップ(2009/02/07 更新)

コーヒーと言えば「ブラジル」が定番で世界一の産出国ですが、日本ではちょうど今頃がニュークロップに切り替わる時期になります。今日はブラジルの上級品(ARARAー18)をテストローストしてみました。写真の中央(トレイの下)が昨年12月に入港したばかりのニュークロップで左が煎豆(シティ・ロースト)です。さっそくカップテスト(試飲)です・・・・・ニュークロップ特有の水分量を考慮して蒸らし時間を長めに取った為か、やや切れ味に不満が感じられましたが、何度かテストを重ね焙煎条件を整えていきます。ブラジル豆は当店のブレンドすべてに配合されていて扱い量が最も多いコーヒー豆です。お客様に豆が「ニュー」に切り替わった事を感じさせない技がプロの証です。